Tag Archives: 3DS

緊急帰国です。

身内に不幸があり、というか、ありそうなので、緊急に一時帰国することになりました。

急なことで、いろいろとアレンジ中に戸惑っているところです。海外暮らしをしていると、ややもすると親の死に目に立ち会うこともできなくなる危険があります。親がある程度年齢を重ねたならば、「じゃ、来年ね」などと物事を先送りせず、せっせと帰国するのが一番です。とは言っても、なかなか経済的に簡単ではないんですが・・・。

 

今回の緊急帰国に際して、次男を連れて行くことにしました。まだ日本デビューを果たしていない上、おじいちゃん、おばあちゃんとの生対面も初めてになります。なんとか最後の挨拶ぐらいを交わせればいいんですが。

 

日本のおいしいところを知っている娘と長男は、私&次男の帰国についてしきりに「ずるい!」とほざいていましたが、事情が事情なので渋々納得。その代わりということで(なんでやねん!)、いろいろとお土産をねだられました。

 

Read more

残念な達成感

昨日の記事で算数プリント100枚を達成したと書いたところですが・・・。

どうも長男のやつ、「終わった〜」な達成感に一人浸っているようです。

 

いやいや、全然終わってないし。夏休み、あと二週間以上残ってるし。

 

もともと何枚までやるかとか決めてはいませんでした。枚数さえ数えていませんでしたし。こなしたプリントの束がある程度厚くなった時に数えてみて、どうせならキリの良い数字までという手前勝手な理由で焚きつけただけです。(^^)

 

あと二週間をDS三昧で流すわけにもいかず・・・。さてどうしたものか?

 

こういうときはあれです。ニンジンをぶら下げる。

今回のニンジンはこちらです。(↓)

 

Read more

夏休みはお金がかかるでござる

昨日、クレジットカードの明細が届きました。先月分の支払い108ユーロって・・・。

妻が一言・・・

何これ?

 

いや、何と言われても・・・。夏休みなので・・・いろいろと出費が・・・ね。

 

原因は、先月Amazon.deで日本の業者さんが多数出品している事実を知ったことです。

をを、これは便利!

いろいろポッチしましたよ。まずは、プラレールがどれも動かなくなっていたので次男用にと新幹線(700系新幹線ひかりレールスター)をポチ。ひょっとして彼はプラレールが自動走行している姿を見たことなかったのではないかと。

送料は日本からなのに無料でした。太っ腹!価格は19ユーロほどで、Amazon.co.jpの倍ほどになりますが、日本から親戚に頼んで送ってもらうよりお手頃ですし、転送屋に頼むより安いです。

(ヨーロッパ在住の方はとりあえずAmazon.deで”plarail’と入れてみてください。いろいろと日本の業者さんに行き当たります)

こんなことならついでにということで、動かなくなっていたプラレール車両を修理するためモーターと三角ドライバーもポチ。モーターは日本からで、ドライバーは香港からでした。最初に届いたモーターはサイズが合わなかったので再度別のを購入ポチしましたが、いずれも送料込みで5ユーロ以下です。40年ぶりぐらいに半田を使って300系新幹線を復活させ、次男も喜んでいました。

 

Read more

復活の「とびだせ どうぶつの森」

にわかに『とびだせ どうぶつの森』のブームが再来しています。『妖怪ウォッチ2 真打』が我が家に到着して以来、ほぼ忘れ去られた存在だったんですが・・・。

まあその原因は単純明解。これの存在を昨日知ったからw。(→)

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』というらしいです。どうぶつの森のNew 3DS対応版ソフトと考えたら分かりやすいのではないかと。

一言で言うと、シミュレーションゲームにトレカ要素を盛り込んだというアイデア商品ですね。さすが任天堂さん。ちなみに、発売は今月末です。

旧モデルの3DSでも遊べますが、カードを読み込む機能がないので、フルに遊びたかったらそのためのカードリーダーを買いなさいとあります。あ、カードはしっかり別売りで、三枚入りパックとして発売するそうです。で、どれが入っているか分からないという恐ろしい仕様。

日本から取り寄せたカードがダブってしまうというリスクがあるんですが、こちらで発売されるであろうカードやカードリーダーとの互換性とかはどうなのでしょう。あるのなら無問題なんですがねぇ。

 

娘は既に誕生日プレゼント(一月生まれですよ!)の前倒しとしておねだりモードです。また掛け売りするのかよ。

Read more

妖怪ウォッチで万全宿題対策

長男の日本人学校三年目が本格的にスタートしました。

まだ現地校と私の仕事がイースター休暇中ということもあって、若干余裕を持って宿題のサポートができましたが、さすがに三年生の宿題は難しくなっています。算数はどうということはないんですが、国語の方がちょっと半端ない方向に向かいつつあります。娘の時はそんな風にあまり感じなかったんですが。

 

第1週目は何が具体的に大変だったか?

まずは漢字ですね。

新しい漢字はそんなになかったんですが、「登る」「登場人物」「作物」「物語」「場面」「詩人」など、普段家庭であまり使わない言葉が二年生の頃より増えた感じがします。また、「物」だと「もの」「ぶつ」「もつ」、「場」だと「じょう」「ば」など、訓読み・音読み入り乱れての登場です。さらに、「地面」に「場面」といったような、よく似た言葉も出てきます。

もう、長男の頭の中ではいろんな漢字が変幻自在の狂騒ダンスを演じているはず。これが漢字テストで問われるということで、「0点取ったらどうしよう」と駅のホームで超弱気になっています。

Read more

ジバニャンにおねがい。

今、日本で子供に最も支持されているアニメは『妖怪ウォッチ』だそうですね。うちの長男も一人でお熱をあげています。

先日の絵画教室からの帰り道、

「パパ、ボク日本人でよかったなぁ。」

と漏らしました。

「はぁ?あんた日本人やったんかい⁉漢字あんまり知らんのに?」

「ええ?」

(こっちが「ええ?」です!)

「まあええわ。日本人に仮登録しとったろ。で、なんで日本人(仮)でよかったん?」

「日本には妖怪ウォッチがあるから。」

やっぱりそれか。

Read more

全ては日本語のために

週末、久しぶりにとびだせどうぶつの森をしてみました。ここのところずっと忙しくて、一ヶ月振りぐらいです。コントローラーのボタンの意味さえ忘れていました。最後に触った時は村にまだ雪が積もっていましたが、今はその痕跡もなく、村全体緑が濃くなっていてビックリ!

ああ、もう春なんだ。もうすぐ桜が開花するなぁ。

ここでも春を実感してしまいました。

自分はインベーダー・ゲーム世代です。ゲームボーイ(持っていませんでしたが)が登場する以前の、まだ家庭にパソコンどころかオフィスにワープロさえなかったなかった時に青春時代を過ごしました。
家庭用のゲーム機器は、テレビに接続するタイプのものがようやく登場し始めたばかりで、インベーダー・ゲームはゲームセンターでするものでした。今、振り返ってみて、家にゲーム機器があったことがないです。
そんな状態なので、リビングにゲーム機器がない風景は極めてノーマルです。それが苦痛でも、退屈でもありません。子供にとっても特に変ではなかったはずですが・・・。

そんな我が家に一本の、とあるゲームが来たのが2012年の夏です。これです(↓)。

Read more