Tag Archives: 言語学

小学校前の日本語準備、どうしよう?

表題のまんまです。日本語を継承させるため、小学校入学の時期に何をしておくべきか。

実はこれ、我が家の次男(5歳半)の日本語問題でもあるのです。次男の日本語は今のところ以下のような状態。

  1. 日本語を耳で聞いて理解できるようになってきた。(『ドラえもん』を見ながら笑うようになった)
  2. 日本で覚えてきた日本語表現(「発車いたします。ご注意ください」「いっただきまーす」みたいなやつw)を遊んでいるときに使うようになった。
  3. こういった日本語表現の発音が外国人的それから日本語ネイティブに近いものになってきている。(長男のときもこの過程を経験しました)
  4. ただし、私との会話は日本語でこちらが話しかけて、オランダ語で答える状態。(特に発話を促す指導はしていません)
  5. ひらがな・カタカナ学習はまだ一切手をつけていません。

なんかちょっとお寒い感じがしますが・・・。

これ、実は長男の5歳のときの状況とあまり違いがありません。さらに言えば、娘の5歳児のときと比べると、長男のとき同様かなり厳しいものです。モノリンガルなベルギー人驀進中みたいな・・・。(笑)

 

  でも、私の中にはまだ危機感はあまりないです。

 

長男の(一応の)成功体験に裏打ちされた自信なのかもしれませんがw。

以上の諸点に関しては、現在次のように構えています。

 

Read more

日本語と高齢学習者

来年度から教科書を変更しようかという話が出ています。これまで使っていた『初級日本語 げんき I [第2版]』をやめて、去年国際交流基金から出た『まるごと 日本のことばと文化』に乗り換えよう!・・・ということのようです。

 

今日、職場から借り出し、ざっと見て引っかかったこと、

「初級」とか「入門」とか書いてある割には中身がほとんど日本語オンリーなんですけど?

日本語をまるで一から始めようとしている人に、こんなテキスト見せたらかなりビビってしまうんではないかなと思います。アルファベットの世界に住んでいる人にとって、日本語の文章の中にそれがあることは「砂漠のオアシス」みたいなもので、やはりある程度の広さのオアシスは必要ではないかと思います。特に、私の働く学校には60歳代の生徒さんも結構おり、そんな人たちにいきなりこの教科書はちょっとどうでしょう。

Read more

母語としてのバイリンガリズム

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か』という本を読みました。たまたまガレージの整理をしていた時に出てきたものですが、読んだ記憶がありませんでした。以前のブログをチェックしてみると・・・。六年前に紹介しているので、やっぱり読んだんでしょうねぇ。最近はこういうパターンが増えているのが少し気になります。

 

今の自分にとって意味のある点は次の通りです。

  • 言語学習の適性には三つある。すなわち、1.音声認識能力、2.言語分析能力、3.記憶の三つである。
  • 言語習得の鍵は「インプット+アウトプットの必要性」である。

200ページ弱の本をたった二行にまとめたので無理はありますが、ご容赦願います。

Read more

空耳の精度:母音とか子音とか

昨日はイースター休みの開始の日曜日だったので、義理の母親のところへイースターエッグ(という名のチョコレート)を拾いに行ってきました。どっさり拾ってきたので、今、我が家のおやつ戸棚はチョコだらけです。あんなにお子様チョコばかりどうすんのよ。

 

最近、娘のティーンエージャー化が進行しています。

こそっと友達とメールのやり取りをしています。自分専用のiPadやスマホを要求してきます。こそっと何か日記のようなものを書いています。

親に隠れていろいろしたくなる年頃なんでしょう。別に覗くつもりもないので、お金のかかることだけは拒否して、いなしています。

お父さんのパソコンの電源が入っていて、椅子が空いていたりすると、勝手にヨウツベで音楽検索をしてはBGMを流してくれます。はっきり言って、

 

Read more