Tag Archives: 妖怪ウォッチ

次男の継承語教育始まります!

四月になりました。補習校を離れてはや9ヶ月になるので完全に日本の学校サイクルが抜け落ちてしまっていますが、桜が咲くと思い出します。もちろん今は日本は新学期たけなわ。ピカピカの一年生が緊張もわずかに緩んだかなという風で教室に座っているのではないかと思います。

 

当家では、補習校入学の次のバッターは次男ですが、それは来年度の話。まだ一年の猶予があります。あと一年は土曜日の朝寝坊が許されるわけですが、かといって次男の日本語がどんなもんか、入学までにどこまでに引き上げねばならないかはそろそろ見極めておかねばなりません。

結論から言いますと、「ちょっと今のままではしんどいかな」という気分です。「どこの外人か?」と思うぐらいに発音が・・・、イントネーションが・・・。ま、長男も最初はこんな感じだったので、あまり深刻には受け止めてはいませんが、それがまたかえってよろしくないのかなと思い始めています。他方、聞くのは大丈夫です。以前こちらが話す日本語があまり分かってないようだと思い始めた時から、かなり自由にドラえもんやウルトラマンを見せましたから。今では私の日本語(多分兄弟のも)をしっかり理解し、指示した通りに動けるようになっています。動かない時もありますが、それは日本語が分からないのではなく、心情的な抵抗を受けているのかなというどん詰まりな時。

Read more

残念な達成感

昨日の記事で算数プリント100枚を達成したと書いたところですが・・・。

どうも長男のやつ、「終わった〜」な達成感に一人浸っているようです。

 

いやいや、全然終わってないし。夏休み、あと二週間以上残ってるし。

 

もともと何枚までやるかとか決めてはいませんでした。枚数さえ数えていませんでしたし。こなしたプリントの束がある程度厚くなった時に数えてみて、どうせならキリの良い数字までという手前勝手な理由で焚きつけただけです。(^^)

 

あと二週間をDS三昧で流すわけにもいかず・・・。さてどうしたものか?

 

こういうときはあれです。ニンジンをぶら下げる。

今回のニンジンはこちらです。(↓)

 

Read more

夏休みはお金がかかるでござる

昨日、クレジットカードの明細が届きました。先月分の支払い108ユーロって・・・。

妻が一言・・・

何これ?

 

いや、何と言われても・・・。夏休みなので・・・いろいろと出費が・・・ね。

 

原因は、先月Amazon.deで日本の業者さんが多数出品している事実を知ったことです。

をを、これは便利!

いろいろポッチしましたよ。まずは、プラレールがどれも動かなくなっていたので次男用にと新幹線(700系新幹線ひかりレールスター)をポチ。ひょっとして彼はプラレールが自動走行している姿を見たことなかったのではないかと。

送料は日本からなのに無料でした。太っ腹!価格は19ユーロほどで、Amazon.co.jpの倍ほどになりますが、日本から親戚に頼んで送ってもらうよりお手頃ですし、転送屋に頼むより安いです。

(ヨーロッパ在住の方はとりあえずAmazon.deで”plarail’と入れてみてください。いろいろと日本の業者さんに行き当たります)

こんなことならついでにということで、動かなくなっていたプラレール車両を修理するためモーターと三角ドライバーもポチ。モーターは日本からで、ドライバーは香港からでした。最初に届いたモーターはサイズが合わなかったので再度別のを購入ポチしましたが、いずれも送料込みで5ユーロ以下です。40年ぶりぐらいに半田を使って300系新幹線を復活させ、次男も喜んでいました。

 

Read more

夏休み前半終了ーここまでの経過

先週は家族旅行のため更新ができませんでした。四泊五日のオランダ旅行で、ネット代を惜しんだため、滞在中はほぼインターネット接続はできませんでした。というわけで仕切り直しです。

 

夏休みも四週間を経過しましたので、とりあえずここまでの中間的な総括をしてみようかなと思います。今年も日本に行かないなりに、それなりの目標は掲げていました。もちろん、日本語のエトセトラに関する目標です。

補習校の方を強制終了とした代わりに掲げた継承語育児です。しっかり自分でアイデアを出しながら目指すべきゴールへ向かって粛々と作業をこなしていかなければいけません。当然ですが、成果を出しながら!

夏休み突入前に考えていたことは次の諸点です。

  • 算数:補習校の宿題に加え、独自に弱点の克服を目指す。弱点とはすなわち、文章題!(平たく言えば、日本語読解力)
  • ホームメイド社会科の推進:内容的にどこまで掘り下げるかについてはまだ自分でもはっきりしたものは持ち合わせていませんでした。
  • ホームメイド国語の開始:日常会話をこなす上で日本語の怪しいところ矯正・補完するためですが、テキストだけは用意完了。

Read more

復活の「とびだせ どうぶつの森」

にわかに『とびだせ どうぶつの森』のブームが再来しています。『妖怪ウォッチ2 真打』が我が家に到着して以来、ほぼ忘れ去られた存在だったんですが・・・。

まあその原因は単純明解。これの存在を昨日知ったからw。(→)

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』というらしいです。どうぶつの森のNew 3DS対応版ソフトと考えたら分かりやすいのではないかと。

一言で言うと、シミュレーションゲームにトレカ要素を盛り込んだというアイデア商品ですね。さすが任天堂さん。ちなみに、発売は今月末です。

旧モデルの3DSでも遊べますが、カードを読み込む機能がないので、フルに遊びたかったらそのためのカードリーダーを買いなさいとあります。あ、カードはしっかり別売りで、三枚入りパックとして発売するそうです。で、どれが入っているか分からないという恐ろしい仕様。

日本から取り寄せたカードがダブってしまうというリスクがあるんですが、こちらで発売されるであろうカードやカードリーダーとの互換性とかはどうなのでしょう。あるのなら無問題なんですがねぇ。

 

娘は既に誕生日プレゼント(一月生まれですよ!)の前倒しとしておねだりモードです。また掛け売りするのかよ。

Read more

日本語練習アイテムとしての「妖怪ウォッチ」

あと二ヶ月ほどで発売になるそうですね。昨年末封切りの映画『妖怪ウォッチ 』・・・。

妖怪ウォッチに目覚めた長男が「誕生日プレゼントに!」と猛烈におねだりした映画なんですが、いくら誕生日プレゼントでも日本まで見に行けるわけもなく・・・。

なんだか地元の映画館で見られるというぶっ飛んだ想像をしていたようです。

で、発売が7月8日ですか。さて、どうして手に入れたものか。

 

この映画の代わりに用意したのが3DS用ソフト『妖怪ウォッチ2 真打』ですが、それはそれでもうドップリでよかったと思います。毎日が妖怪ウォッチ。アニメとの相乗効果で、家の中に日本が溢れています。

 

逆に、ゲームが来てからはまったのが娘です。

最初は妖怪ウォッチを見ている長男に、汚いものでも見るような視線を投げかけていましたが、今では「まだ全話見てないから」と、毎日一人で視聴三昧です。

Read more

妖怪ウォッチで万全宿題対策

長男の日本人学校三年目が本格的にスタートしました。

まだ現地校と私の仕事がイースター休暇中ということもあって、若干余裕を持って宿題のサポートができましたが、さすがに三年生の宿題は難しくなっています。算数はどうということはないんですが、国語の方がちょっと半端ない方向に向かいつつあります。娘の時はそんな風にあまり感じなかったんですが。

 

第1週目は何が具体的に大変だったか?

まずは漢字ですね。

新しい漢字はそんなになかったんですが、「登る」「登場人物」「作物」「物語」「場面」「詩人」など、普段家庭であまり使わない言葉が二年生の頃より増えた感じがします。また、「物」だと「もの」「ぶつ」「もつ」、「場」だと「じょう」「ば」など、訓読み・音読み入り乱れての登場です。さらに、「地面」に「場面」といったような、よく似た言葉も出てきます。

もう、長男の頭の中ではいろんな漢字が変幻自在の狂騒ダンスを演じているはず。これが漢字テストで問われるということで、「0点取ったらどうしよう」と駅のホームで超弱気になっています。

Read more

1 2