Tag Archives: ベルギーチョコレート

ミルクチョコ+マーブルチョコ=お好み焼き+たこ焼き

大阪人なので、当たり前のように粉もんが好きです。

お好み焼き、よく家でも作ります。鉄板がないのでフライパンで一枚ずつ焼きますが、フライパンだとひっくり返すのが難しいのです。正確に真ん中に落とさないと、縁の部分でお好み焼きが粉砕されることになります。以前はこの裏返し作業は私の担当でしたが、今ではウチのベルギー人がやってくれます。いつの間にできるようになったのやら・・・。

子供も結構食べます。見た目でいつも拒否されるんですが(毎度毎度、前回美味しく完食したことを忘れるやつらです)、食べ始めるとパクパク口に放り込みます。粉もん好きはDNAに由来するようです。

 

Read more

ベルギーのアーモンド・チョコレート

イースター休暇まであと二週間となりました。この時期限定の玉子型チョコレート、毎日堪能しています。

以前「パーム油は使いません!」で告白したように、スーパー王室御用達チョコGallerのプラリネ味に染まってしまっておりまして・・・。在庫を切らした時にはミルカを食べたりもしますが、もうあの味には戻れないですね。ただ、Gallerってやはり安くはないということで、ちゃっかり子供の目が届かない戸棚の死角にしまいこんでいたりします。

さて、チョコレートに関して、ずっと以前から気になっている疑問があります。それは、

なんでヨーロッパには美味いアーモンド・チョコレートってないんだ!?

です。

一応断っておきますが、ここでいうヨーロッパとはベルギー、オランダという限定的な意味です。というのも、ドイツにはアーモンドを使ったチョコレートがあるにはあるからです。2000年代初頭にはオランダにアーモンド・チョコレートが出回りました。ミルカのやつ・・・。今でもあるかもわかりませんが、ベルギーには入ってないと思います。少なくとも、近所のスーパーでは見つけられませんでした。

なぜかベルギーではチョコレートに入れるナッツといえば、マカデミアナッツが圧倒的主役です。

何を隠そう、私はグリコのアーモンドチョコレート<フライド>のファンでした。既に後継製品に取って代わられ、製造終了となったそうですので、一応見たことがないというお若い方のために・・・、これです(↓)。

こちらのサイトの記事(昭和なグリコ アーモンドチョコレート)では貴重なパッケージの数々がご覧になれます。ああ、懐かしい。

Read more