Tag Archives: オランダ

秋の異変?

12月5日はシンタクラースです。

(※ベルギーだと翌日の6日が本番です。)

こういうフレーズはネット上でもう珍しいものではなくなりました。それほどまでに、この日は今日オランダやベルギーに在住する日本人が避けて通れない(ブログなどで触れずにはおれない!)イベントになってしまったようです。

ここでシンタクラースについてごくごく簡単に触れておきますと、「それはサンタクロースの原型になったと言われる行事で、17世紀にオランダ人によってアメリカに持ち込まれ、紆余曲折を経て今日のサンタクロースとなったもの」と考えていただければお分かりいただきやすいかと思います。

シンタクラースはいろいろ調べていけば疑問だけがどんどん膨らんでゆくという謎の多い伝統行事です。ネット上にもいろいろな説明が日本語でも見られるようになりました。本当に話の尽きないものなんですが、10年前(古くてすみません)に「シンタクラース謎々紀行」としてまとめたことがありますので、ご興味がおありの方はそちらの方もご覧ください。

 

さて、ここ数年はハロウィーンが割り込んできた感があり、出だしはいくらか大人しくなった気もしますが、既に10月にはスーパーにシンタクラースを型どったチョコレートが並び出します。ハロウィーンの去った今の時期はシンタクラースの独壇場。郵便受けにも厚手のおもちゃ屋のカタログが舞い込んでくる季節です。今頃オランダでは町のあちらこちらにピートというシンタクラースの家来が出没し、お菓子を子供に配り歩いている頃だと思います。

ベルギーはオランダほどには盛り上げませんが、それでも先週末は町の子供服屋でシンタクラースとの記念撮影会があったりと、イベントの噂は絶えません。

Read more

夏の家族旅行 ーやっぱりオランダ行きー

もう一ヶ月ほども前の話ですが、今年も家族旅行に出かけたりしましたので、ベルギー周辺で子育て中の皆様のお役に立てればとレポートしておきます。

 

今回も、去年の夏休み&今年のイースター休みに続き、Landal GreenParksというリゾート会社の貸別荘施設を利用しました。場所はHet Vennenbosというオランダ南部の片田舎で、自宅からバスを乗り継いで到着。時間は3時間半ぐらいかかりましたが、行きはオランダのバスの運転手がタダにしてくれたので、六人家族で往復交通費が20ユーロかからなかったのではないかと思います。

借りた家はバンガロー風で、階段がないので二歳児の管理には向いていましたが、超狭かったです。親子六人、月曜から金曜までの四泊五日で宿泊自体は600ユーロ弱。これにシーツ使用料やらが加わり700ユーロを若干超えるという金額でした。広い部屋もありますが、きっともっと高くなるはずです。

ちっぽけですがキッチンもついていますので、食費は自分たちで料理をすれば節約できます。

 

さて、Het Vennenbosの園内設備ですが、スーパーやレストラン、カフェがあるので、極端な話、外部との接触を立って生活をすることができます。

レクレーション施設では、なんといってもプールが凄かったです。チーズ農場見学日を除き、毎日数時間入ってました。波のあるプールはもちろんですが、滑り台が大小数台あり、一つは屋外に出てまた室内に戻ってくるという仕様になっていて、大人もなかなか楽しめます。ただし、流されているうちに壁に叩きつけられたりしますので、打撲傷には十分注意しなければいけません。(プールの様子は先の紹介ページの後半部分でご覧になれます)

 

Read more

ブラックスクールという現実

今朝の無料新聞記事から。今日はフランス語版のみの記事です。

原文タイトルは”École cherche enfants «blancs»“とあり、日本語にすれば「学校は『白人の』子供を探している」という、ちょっとまあストレートすぎるものでもあります。

今、確認したところ、リンクを貼ったウェブ版(”Paris Match”というフランスの雑誌ですか)の方が記事はもうちょっと長いですね。

新聞では後半部分がガッツリ削られたという感じですが、今読んでみたところ、その部分にこそ問題の本質が見え隠れしているような気がしますが・・・。

 

とりあえず、新聞が掲載していた部分の要点は以下のとおりです。記事はフランス語ですが、焦点が当てられているのはオランダの学校問題です。

Read more

家族旅行2:『黄色い村』ファルケンブルグ

IMGP4267三泊四日でファルケンブルグというオランダの田舎町に旅行に行きました。

ファルケンブルグはオランダ南部の主要都市マーストリヒトの近くにある町で、建材用の石の産地として有名です。『黄色い村』と個人的にニックネームをつけたくなるこじんまりとした町ですが、現在ではオランダはもちろん、ドイツやベルギーからも人が集まる観光地といった感じのするところです。

町を見下ろす高台には城跡があり、目抜通りからでも見渡せる、さながら城下町のような表情を持っています。

我が家の宿泊先はLandalというリゾート会社が各地に所有するリゾート・ハウスで、六人家族でも十分な広さがありました。食料は町のスーパーで確保し、使い捨てのミニバーベキューまで買って、テラスでバーベキューもできました。

Read more

家族旅行1:『黄色い村』ファルケンブルグ

三泊四日で家族旅行に出かけていました。宿泊先からブログの更新をしようかと思ったんですが、WiFi接続のために追加料金を払わなければいけなかったので、「たまにはネットなしの生活もいいか」と田舎に閉じこもっていました。

行き先はオランダのファルケンブルグという村です。

はるか昔、オランダ人の友人の実家があったとかで、一度訪れたような微かな記憶はあるんですが、イメージは全然蘇ってきませんでした。多分ここだったと思うんですが・・・。

valkenburg

当家の場合、六人家族ということで旅行はいつも家を借りることにしています。といっても、借りるのはいわゆるリゾート・ハウスというやつで、家具・食器付きで、食料品さえ買い出しに行けば家にいるのと同じです。掃除も洗濯も自分でしなくてはいけません。でも、家にいないというのは十分脱日常を味わえるものです。

Read more

日立はFyraを救えるのか?

今朝の新聞に出ていました。ペラペラの無料新聞なのに。

 

日立がイタリアの鉄道インフラ会社の一部門を買収!

 

へー。何てことのない経済記事です。
ググってみるといろいろと詳しい(?)記事が上がってきますね。オランダ語でもググってみました。

なんか記事のニュアンスが微妙に違っています。

 

日本の記事
鉄道インフラで海外へ打って出る日立の戦略に弾みがつく!!

 

オランダの記事
をいをい。あの問題だらけの車両を提供したイタリアの会社が売れちゃったんだとよ!?

 

Read more