漫画でも一応日本語で読書なのだ!

今日、妻の実家の蔵書整理をしてきました。

借りていたガレージを解約するので、残してあった本とかを処分せよ!

とのミッションを受けてのことです。

結構日本関連の本がありました。ま、日本学科卒業だけに妻が大学時代に使った参考文献や日本語能力検定を受けるために買った参考書・問題集などなど。

問題集はまた検定を受けたいという人に引き取ってもらおうかと思っています。ただし、一級とか二級のレベルなので私の生徒には引き取り不可能です。別世界のレベルです。元教え子で大学に移った人を手繰っていこうと思います。

 

他に、漫画なんかも結構ありました。以前、まだ割と余裕のある生活を日本でしていた時に買い集めた『うる星やつら』『らんま1/2』『ちびまるこちゃん』『クレヨンしんちゃん』、それに『Dr. スランプ』です。あ、それから『ドラえもん』も。いずれもほぼ全巻揃っているところが恐ろしいですね。あと、揃っていませんが、『シニカル・ヒステリー・アワー』なんてのもありました。懐かしい。

感慨に耽りながら一人部屋にこもってドサドサしていると、長男が漫画を手にして「読みたい」と申し出てきました。アラレちゃんです。

ほうほう。鳥山明氏の絵は視覚的にはかなり人の気を引くものがあるだけに、当然といえば当然です。

他には、娘が『ドラえもん』を持ち出して行きました。

!!

珍しいこともあるもんです。娘は本は読みますが、日本語になると、これまで漫画ですら3ベージ以上先へ進んだことのない強者。

今回も本棚の肥やしになるのかなと思っていたんですが・・・。

 

帰りの電車の中から読み始め、就寝前の今も読んでいます。読み仮名の振ってない漢字はその都度質問してきます。

太陽、大雨、時間、持つ、顔、合う、返す、動く・・・

って、全部三年生までに習った漢字やんけ!あんなに補習校で頑張ったのにすっからかんなんかい!本日のとほほです。

でもまあいいです。漢字なんてなーんも頭に残ってないことは覚悟してました。ただ、覚えている漢字もあったし、なによりも、日本語で何かを読み始めたことは大きな一歩です。このままドラえもんからアラレちゃん、そのあとは・・・。鳥山氏の読み切りの漫画が何冊かあるので、それを経て『Dragon Ball』??

そのあとは『ワンピース』(長すぎる・・・)でも『Death Note』(複雑すぎるか?)でも、一人でどこへでも行ってください。お父さんの青春の金字塔『めぞん一刻』なら電子版で全巻揃ってますし。

 

実は、娘は来年小学校の最終学年ということで、何か卒業研究みたいなものをやらないといけないそうです。本人曰く、

何か日本についてやりたい。例えば、漫画とか・・・。

と言っていましたので、多分本当のきっかけこのへんにあるのでしょう。

「漫画読んだことない人が、漫画の発表なんてできないよ(お尻ペンペン)」とのお父さんの檄が効いたのかもしれません。

 

いずれにせよ、ようやっと踏み出したこの小さな一歩からさらに二歩目、三歩目を引き出せるように、こちらも何か仕掛けを考えてみたいと思います。さらに、もし本当に漫画について発表をするなら、そのへんもしっかりサポートしてやろうと決意したのでした。

応援していただけると毎日更新できるかもです。→ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA