再開宣言

経済的な理由から、真剣にアフィリエイトをしてみようとブログを立ち上げました。そして毎日記事を書きながら、これまでブログランキングを中心に広報活動に励んできました。

「儲ける」ために選んだのは、日本でも手に入るベルギー特産品を紹介するというものでした。チョコレートやビール、その他の美味しいものについてしばらく記事を重ねました。時折、ベルギーの生活情報などを交えながら、一ヶ月半近く運営に励んできましたが、最近微妙な違和感を抱くようになりました。

なんだか自分が書きたいものではないような・・・。

そんな小さな違和感でした。

「儲ける」ためにブログを始めたんですが、「そんなに簡単に儲かるものでもないらしい」という認識もその違和感の広がりに手を貸したのかもしれません。

しかし、こんなもやもやした気持ちの中でも、割と前向きに向き合えた記事がいくつかありました。グルメ情報の合間に書いた、ブログの本来の趣旨とは全く関係のない、我が子のバイリンガル育児に関する記述です。

実は以前「ママと呼ばないで in ベルギー」というタイトルで育児ブログを運営していました。そこそこの数のリピーターを確保した、ポータルサイト等でも紹介されたことのある男の育児ブログでした。2004年に娘が生まれる直前に開始したものですが、今から思えば、それは主夫だったが故にできた道楽のようなものであったのかもしれません。結局その後、仕事をし始め、忙しくなると、アップルする記事数が急減し、最終的には2012年4月に閉鎖となったわけです。

ブログ自体は今も某社のサーバーに残っていますが、パスワードを設定し、外から閲覧できないようにしています。

 

ところで、ブログを再開して二ヶ月、感じていた違和感の陰の中にうっすら見えたものがあります。それは、

自分にとって、毎日の生活の中での重大事項は子供にいかにして日本語を習得させるかであり、ビールやチョコレートの話ではない。

ということです。

興味・関心の問題だけでなく、なぜブログを運営するのかという根本問題についてもこの数週間考えさせられました。

単に「儲ける」という目的を超えて、ブログの存在意義は誰かの役に立つ情報を提供するという点にあるのだと考えるようにもなりました。その結果として「儲かる」へと繋がってゆくのだというのが、これまでいろいろなところで目にしてきた成功秘話の要諦でもあったような気がします。

 

以上のような理由でブログの趣旨を再検討した結果、グルメ・ブログから育児ブログへ大胆に路線変更することにします。これまで集客の主戦場としてきたブログ村のランキングも移行しました。そこで昔フォローしていたブログのいくつかを再発見しました。懐かしい場所に舞い戻ってきた気分です。

 

このブログの目的は、自分がこれまで我が子に行ってきた日本語習得のための試みを回顧し、それへのアプローチを考えてみることです。海外に暮らす多くの方が、我が子の日本語についてさまざまな悩みを抱いておられると思います。

我が子に日本語を話して欲しい。

結果として、このささやかな親の思いを実現するお手伝いのようなことになれば、こんな嬉しいことはありません。

 

というわけで、路線変更のついでにブログ・タイトルも変更しようと思いました。かつてのブログの延長線上にあることを宣言する意味でも、「帰ってきた ママと呼ばないで」という名で生まれ変わります。以後、よろしくご贔屓に願います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA