日本語塾第二幕がスタート

論文執筆が忙しかった9月は日本語塾の方は休講とさせていただきました。本当のところは運営自体が結構な負担になっていたことで、特に大盛況というわけでもない田舎塾をひっそり終了しようかなと考えていたところです。ただ、「どんな形ででも継続をすることが将来につながる」という保護者の要望(それは私自身の継承語教育における信条でもあります)もあり、結局、「あまり負担にならない形で」ということで継続決定となりました。9月を充電期間とし、リスタートを10月からと定めて始まった日本語塾第二幕の様子です。

 

このリスタートを機会に、授業のやり方自体を大幅に見直すことにしました。これまでのやり方は負担の割には効果があったとは思えなかったところです。ということで、再起動に当たってのキーワードをズバリ

 

 繋ぐ・繋がる

 

ということにしてみました。

 

このキーワード、実は9月にいろいろな方に行った日本語継承に関するインタビューの途中で気づいたものです。その時、「親と子供が日本語を介して繋がる」ということの重要さに気づかされました。

 

これまでの実践ですが、基本的マネージメントは塾形態ということで、授業はいつも現場で始まり、現場で終わるというものでした。つまり、日本語や日本文化に触れるのは週2時間の私との授業のみで、それ以外は全く家庭の方針に委ねていました。我が家のように、自分とは常に日本語でやり取りする、日本の映画を一緒に見たり、漫画を読ませたりといった面倒臭い取り組みは奨励することはできても、強制できるものではありません。こんなやり方で四技能全てを学習するのは無理というものです。

もやもやとしたものを抱えながらも、あえて変化をつけるきっかけもなし、方向性も見出せないままでした。授業中はビデオを見たり、ニュースを見たり、雑多な話を交えたりしながらも、机に向かってプリントをするというのが基本で、結局のところ、どれも中途半端であったような感じがします。「継続性」のようなものが確保できる雰囲気ではなかったです。

 

「なんとか授業以外の時間でも、日本語で親子が繋がるような道筋がつけられないか」と思案し、ひねり出したのが、「親を巻き込め」作戦です。

 

授業以外の時間にも親子の間に日本語の会話が生きている。

 

こんな理想を掲げてみました。

 

 

具体的には、親(今のところは日本人親)も授業に参加してもらい、一緒に見て、聞いて、調べて、作業をする。子供の疑問を直接親が聞き、一緒に作業をしながら解決方法を探す。

 

そんな感じのことをしています。

これまでのところ、「見て、聞いて」の部分では邦画を視聴し、見ている間、子供に分かりにくいところ・質問が出たところを適宜親が説明する。ここでのやり取りは常に日本語です。それでも理解が不十分なところを視聴後、インターネットを使って一緒に「調べる」という風にしています。ここで、ネット検索の方法やキーボードでの日本語入力なども指導します。

 

10月の4回の授業で視聴できたのは『ALWAYS 三丁目の夕日』と『ALWAYS 続・三丁目の夕日』でした。

第一作目では、視聴後、まず舞台となった架空の場所を探しました。夕日を背に、東京タワーが見られそうな場所を特定し、そこから淳之介がお母さんに会いに行った高円寺がどこにあり、彼らの自宅からの距離を確認しました。関西人の私には、結構な距離があったことで自分自身も驚きました。

第二作目では、芥川賞や日本の航空会社について、また映画の中で見かけたいろいろなレトロな乗り物・道具について調べました。同窓会や戦争体験談など、話題も豊富でした。

ここまで、生徒たちは日本語入力にも苦労していましたが、それも学習課題入力以外にもいろんな話が出て、作業はどんどん脱線してゆきます。実はこの脱線こそが、会話を継続させる鍵でもあることは、普段の生活の会話から我々は理解しているはずです。この脱線を大事にしたいと考えました。

 

ある意味、こういう試みは大博打なのかもしれません。しかし、継承語の核が「親から引き継ぐ」ということにあるとするなら、親子間の日本語コミュニケーションこそがその継承に不可欠な要素ではないでしょうか。親が授業の当事者となり、一緒に、あるいは親こそが子供に自分の体験(当然、日本でのことが中心です)が話したくなる、子供も親からもっと日本のことを聞きたくなるような雰囲気を作っていければいいかなと思っています。

 

 

《お知らせ》
日本語塾では一緒に日本語を学ぶ仲間を募集しています。「日本」という共通のバックグランドを持つ子供たちの友達作りの場にもなります。ご興味のある方はこちらから是非ご連絡ください。

応援していただけると更新がんばれるかもです。→ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA