とりあえずオンライン漢字練習

日本語塾のサイト構築作業中です。

箱の方はできたんですが、練習問題とかもう少し作ってから公開したいなと思っています。枯れ木も山の賑わいというやつ。今はまだほぼ禿山という風情なので。(笑)

現在、特に力を入れているのはオンライン練習問題の充実です。

コンセプトはズバリ、

 

 楽しく日本の文化・生活や日本語に触れる!

 

ということなんですが、そのためにどんな問題を用意したらいいのかちょっと知恵を絞らないといけません。日本に対する想像力を存分に膨らませてもらいたので、できるだけ画像を駆使したものにしたいんですが・・・。まあビジュアル重視というところ。

著作権の問題がないい写真を探してくるのもちょっと大変なんですよ。

巷でよく見かけるオンライン教材作成アプリとしては、Hot Potatoesなどがあります。それで作られたものもちょくちょく目にします。当然、自分も当初は使っていました。でも・・・。自由度が低いんですよ。必要十分なんですが、なんかこう「もうちょっとなんとかかっこいいものを!」と思ってしまうと、やっぱり不十分なんです。

 

というわけで、やめときゃいいのに足を突っ込んでしまいました。Javascriptの世界です。

今回はいろいろごちゃごちゃやっているうちに、JQueryという良さげなものも見つけたので、そちらもちょっと使ってみました。これで、例えば文字をランダムに並べ替えるみたいなことをしているんですが、数週間放置して後で見返したときに一体何のことやら理解不能になるのでちょっと怖いです。Javascriptだとまだ「後でも読める」んですけどね。

 

今回作り上げた漢字の練習問題がこちらです。JavascriptとJQueryで製作しました。

漢字の部首(あるいは部首ではなくても意味のあるパーツ)を見つける練習です。

 

特に日本語を勉強し始めた初心者にありがちなことですが、彼らは大抵漢字を一塊の絵として見ているようです。我々だってアラビア語(分からない人)を見ていると模様にしか見えないですから、仕方がないといえば仕方がない現象です。しかし、それをやっていると、一つの漢字を覚えるのに脳内メモリをもの凄く消費してしまうのではないかと思います。10個や20個の漢字を覚えるのならいざ知らず、早晩三桁の数を扱いきれなくなるでしょう。

というわけで、一つの塊として眺めている「絵」をバラバラにするという練習を外国人のために考えたわけですが(実際に教室では紙を使って練習します)、これを継承語で日本語を学ぶ子供達にも理解させようとの試みです。

スローガンは漢字をパーツの組み合わせとして見ましょう!です。その先で意味を推測できるようになれば大したものです。

 

さて、日本語塾では最終的に漢字が書けるようになるというところを最終目標に置いていません。もちろん、そうなれればいいんですが、そのためにはまた特別の手立てが必要になるでしょう。また、小学校の低学年ではキーボードがまだ使えません。いずれキーボードで日本語を扱う練習はする予定ですが、とりあえず現段階ではドラッグ&ドロップ式の練習問題を中心に用意していこうかと思っています。

出てくる漢字をランダムに並ぶようにしておきましたので(苦労しましたが・・・涙)、リロードすれば全問正解になるまで何度でも挑戦できます。今後はいろいろと音声対応の練習問題も考えています。そのための動作も確認済みです。声優さん募集中なんですが。

問題はタブレット対応です。いろんなスクリプトを試してみましたが、なかなか確実に動作するものが見つかりません。今後の課題ですね。それに、なぜかSafariで動かないものもあります。原因を究明するのも面倒くさいので、動作するブラウザを明示するとかで対応しようかと思います。

 

とりあえず、考えていた感じの練習問題が作れたので、一つのハードルをクリアしたとホッとしています。これを応用すれば、数だけはどんどん増やせるはずです。とにかくやれやれです。

 

応援していただけると更新頻度が上がるかもです。→ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA