緊急帰国です。

身内に不幸があり、というか、ありそうなので、緊急に一時帰国することになりました。

急なことで、いろいろとアレンジ中に戸惑っているところです。海外暮らしをしていると、ややもすると親の死に目に立ち会うこともできなくなる危険があります。親がある程度年齢を重ねたならば、「じゃ、来年ね」などと物事を先送りせず、せっせと帰国するのが一番です。とは言っても、なかなか経済的に簡単ではないんですが・・・。

 

今回の緊急帰国に際して、次男を連れて行くことにしました。まだ日本デビューを果たしていない上、おじいちゃん、おばあちゃんとの生対面も初めてになります。なんとか最後の挨拶ぐらいを交わせればいいんですが。

 

日本のおいしいところを知っている娘と長男は、私&次男の帰国についてしきりに「ずるい!」とほざいていましたが、事情が事情なので渋々納得。その代わりということで(なんでやねん!)、いろいろとお土産をねだられました。

 

娘はニンテンドー3DS用のカードリーダーamiiboカードなんですが、これはねぇ。日本語学習効果は未知数です。

長男には妖怪好きなので日本語を読ませるために『水木しげる 妖怪大百科』と将棋を覚えさせるため『羽生善治のみるみる強くなる将棋入門 -5ヵ条で勝ち方がわかる』という羽生名人の入門書を持ち帰ることに。日本語を少しでも読んでくれるようになれば御の字です。他には、「吉野家の牛丼を持って帰ってきてほしい」と言っていたような気がしますが・・・。

三男は食器を妻から頼まれています。そんなんでええのかなぁ。トミカを数台見繕うことにしましょう。

それから、継承日本語塾(仮称)塾生たちの交流と文化体験を見込んで野球盤(持って帰れるか心配・・・)、たい焼き器を持って帰ろうと画策中。

野球はドラえもんでもよく出てくるシーンで、長男も体験したがっているスポーツ。さすがにルールから何から、生身の人間に一から教えるのは大変なので、野球盤でルールの学習からいこうかと思います。平均的日本男児なら一度はバットを振ったことがあるかと思える国民的娯楽。あくまで常識の一つとして到達目標に含めたいと思います。たい焼きは食材の名前を覚えてもらうことも考えています。

ゲーム&パズル 日本地図』は、地理の学習がある程度進んだときに日本一周すごろくゲームで知識の確認と定着を図るために利用しようかと考えています。いずれは『どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム』にアップグレードさせることを夢見て。

それから、念のために百人一首も持って帰ろうかと思っています。最初は坊主めくりからでしょうが・・・。(そこから先にすすめなかったりして)

 

一応、二週間の予定ですが、それより長引くと仕事のことやらなんやらで面倒臭くなります。かといって、こればっかりは早く片付いてくれなどと鬼のような発想はできません。

こちらは年度始めなので、帰国前にやっておかないといけないこともあり、ぎりぎりの時間で今、動き回っています。また、日本に着いたら、いろいろと大変な事情もあります。

それでも最低限、次男にとって初体験の日本を意味のあるものにしてやりたいとも思っています。では行ってきます。

 

応援していただけると毎日更新できるかもです。→ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA