「地理勘」のあるやつら

何かの事件があった時、ニュースなどでよく耳にする言葉に「土地勘」というものがあります。

私は既に日本を離れてウン十年ですが、やはり自分が生まれ育った町や、たとえ数年でも暮らしたことのある場所の土地勘はあります。当然ですが、日本で暮らしているわけでない我が子は日本のどこかに「土地勘」を持っているわけではありません。そんなものを身につけさせようと思えば、それこそ日本移住を決行しなければならないわけですが、この遠く離れたベルギーの地で目下取り組んでいるのが土地勘ならぬ「地理勘」の養成です。

「地理勘」とは、日本に居住しない子供が日本の大まかな地理を想像できる力を意味する私個人の造語です。ほんの数分前にひねり出した単なる思いつきですので、あまり真面目に取り合わないで下さい。

 

こんなことを思いつくまでに数日間、子供と夏休みの日々、ブログ更新も手を抜くほどに何をしていたかといいますと、暇を見つけては地理に触れさせていました。ホームメイド社会科課外授業といったところでしょうか。

先日紹介した『日本地図マスター』というアプリで毎日少しでも日本地図を眺めさせ、地理にまつわるいろんな情報(気候・特産・伝統行事など)にバラバラにではありますが触れさせています。そこで見つけた疑問はすぐさまネットで、できればビジュアル系の情報で確認するようにしています。

 

今朝などはどこから仕入れてきたのか、長い橋の話になり、本州と四国をつなぐ(長男八歳もこの表現がようやっと理解できるようになりました!)本州四国連絡橋の話へと漂着。それではということで、Youtubeによるバーチャルドライブで、神戸・鳴門ルートから児島・坂出ルートを巡ってきました。途中、香川県に入ったので讃岐うどんの話などを交えながら。(もっとも、長男はうどんよりも牛丼の方がいいらしいです)

なんとなく、長い橋を渡れば本州から四国へ行けるということは疑似体験できたのではないかと思います。

 

また、地理に関連する漢字にももう少し力を入れることにしました。目標は、「漢字は読めればいい」ということですが、覚えるためにも少しは書かせてみるようにしました。

地図を眺める上で理解すべき漢字として、最初に説明し直したのは「東西南北」です。娘はオランダ語では理解しているものの、日本語では国語の中の漢字として「なんとなくやったことがある」程度で残っているだけでした。もったいない。

今後、例えば「京都は大阪の上、和歌山は下」と言っていたものを、「京都は大阪の北、和歌山は南」といった表現に変え、地理の中の漢字として記憶させてみたいと思います。いつか日本に行った時のために、北出口やら西口が理解できるように。

 

以上のように、割と日本の地理を身近に置くようにしている毎日ですが、子供がそれに慣れてきていることは感じ取れます。先ほどの例のように、長男は「本州と四国をつなぐ」という表現が理解できるようになりましたし、東京の位置も関東地方ぐらいの大きさ(笑)で差せるようになりました。

また、娘も聞いたことのある日本の地名に反応を示す様になりました。例えば、小さい頃に読み聞かせた『しんかんせんでおいかけろ!』という本を三男に読み聞かせている横で名古屋とか熊本という地名に合いの手を入れてきたりします。

こうした各地を移動する読み物は地理の理解に役立つかもしれません。読みの練習と重ね合わせて、またアイデアを練ってみたいと思います。

ブルートレインと新幹線が絵本の中で追いかけっこをした経路を一緒に確認したり、新幹線の主要駅を辿ったりしながら聞いたことのあるどこかの地名に位置情報をくっつける作業に移りたいと思います。

 

その他に、今日は日本の天気予報をYoutubeで一緒に見ました。これ、いいですね。全国の天気だと、覚えてもらいたい主要都市の名前が位置情報付きでずらり勢揃いします。温度が表記されていますので、暑い場所・寒い場所も理解できます。もちろん、漢字ですので「場面が切り替わる前に全部読め!」と漢字の読みの練習もできます。台風・気温・雨雲・・・覚えていて損はない言葉がたくさん聞けます。理科と関連するところもあります。

 

なんだか最近、地理を制するものが日本を制するような気がしてきました。
応援していただけると毎日更新できるかもです。→ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA