Monthly Archives: 2月 2019

補習校に通わない(通えない)子供の継承日本語をどうするか

入学シーズンですが・・・

もうすぐ3月になります。日本では入学シーズンを控え、新一年生を抱える家庭では新生活に胸躍らせる時期かと思います。我が家も新一年生に相当する御仁が一名おるんですが(笑)、なし崩し的に多分入学のお祝いをすることはないかなあという立ち位置で胸がぞわぞわしてます。

経験的に言わせていただければ、補習校に入れればそこそこ日本語は定着するのは確かなことかと思います。もちろんそれだけの資源とエネルギーの投入が必要なわけで、涙なしには語れない物語があるのも真実。いいところだけをつまみ上げたところで詮無いことで、我が家にはもうそういったリソースもエネルギーもないと自分に言い聞かせる毎日です。

 

継承日本語についての考え方

IMG_2797以前は継承日本語を研究テーマとしていろいろとやってきました。そこで見えてきた継承日本語教育の本質があります。それは継承語は家庭内の問題なので「やらねばならない」というものではないということです。当たり前と言えば当たり前なんですが、どうも学習させる理由の根底に「(日本人親たる)自分のために」がチラチラ見えたりしました。このこと自体を否定するつもりはありません。海外暮らしで折に触れて自分の出自に触れることは大きな癒しになりますし、パートナーに先立たれ、異国で余生を外国語に囲まれて過ごすというのも辛いもの。それに備えて子供に日本語を習得させるのもアリかと思います。胸を張って「自分のためです」と言えればいいんですけどねぇ。

ただ補習校に通わせないことでその時間とお金を別のことに使えるのも確かで、各家庭で子供の人生にとってより大切なものと思えるものを判断し、周囲はそれを尊重するという空気があってもいいと思います。極端な話、「日本語いらない」も選択肢としてはありで、そうした選択もリスペクトされて然るべきかと思います。

自分は上の二人が補習校を自主退学して以後、家庭で個人的に継承語教育をやってきました。それは日本語能力を伸ばすというより、日本人親たる自分と子供を日本で繋ぐという感じのぬるい取り組みでした。日本の映画を見たり、プラモデルを作ったり、アニメを見たり、気がつけば日本史に強い興味を持つようになっていたのでヨウツベにある歴史番組を見たりもしました。海外に暮らしながら、自分が関心のある懐かしい日本を子供と共有できるのは大きな癒しとなっています。

Read more