Monthly Archives: 8月 2017

補習校なしの日本語学習

日本での三週間が終わり、夏休みも後半に入っていよいよ次男の日本語学習が始まりました。上の二人のひらがな学習は補習校入学を見越したものだったので、六歳の誕生日を祝って二ヶ月ほどを経てからの開始でしたが、次男の場合、そういった縛りはないため、現地校での学習に混乱をきたさないよう、七歳になった後の夏休みを開始時期となりました。いえ、別に狙ったわけではなくただ面倒くさいものを先送りにしてきただけです。

年齢からくる「学習」への耐性、また、日本での思い出がまだ冷めやらぬ時期でもあり、いろいろな意味での扱いやすさを感じています。

 

とは言っても、家庭のみでの日本語学習をゼロから開始するにあたって、事前にいろいろと気をつける部分はありました。何せ、集団でよーいどんというものではないだけに、有無を言わさずグイグイ引っ張るというわけにはいきません。「周囲の流れ」がないままの実力行使は次男の性格から考えて、多くの抵抗を予想させるものでした。

 

そこで立案した戦略が、

 

Read more

一時帰国で目指すべきこと

7月第2週目から三週間、日本に一時帰国してきました。家族6人総出で・・・。

経済的に無理であろうとはなから諦めていたことなんですが、一人分の補助があてにできたことで「これを(最初で)最後に」と無理をごり押ししてきた次第です。

 

IMG_1526最後に娘と長男を連れて帰国したのがほぼ2年前(関連記事はこちら)。その時は小さいのがいなかったことで、一週間という限られた時間の中でも「彼らに本物を見せる」というお題は結構な割合で実現できたと思っています。当時から家庭内学習を通していろいろと日本の生活・文化について話してきてはいましたが、やはり話すだけでなく、実物を見て、そこにある何かに触れてもらうことは単なる「確認」以上のものをもたらしてくれます。

 

今回も可能な限りこれを実践してきました。具体的に実現できたのは次の諸点。

Read more