Monthly Archives: 6月 2015

和歌山県について云々

先日、補習校に行った際、日本食料品店に寄りました。しばらく来られなくなると思ったので、カレールーとハイチュウと青のりとインスタントラーメンを買って・・・。

をを!南高梅の梅干し発見!!

買ってみました。

梅干しって、意外と人それぞれこだわりのある食べ物ではないでしょうか。「おばあちゃんの作った梅干しでないとダメ」という人もいたぐらいです。

さすがに我が家で自家製は作れません。梅をまずどこで調達するかという問題もあるでしょう。かといって、普段、どこの馬の骨か分からないような梅干しを買うこともありません。最近だとこちらでも自然食品店なんかで梅干し売ってるんですけどね。でも買いません。

我が家にとって、梅干しといえば南高梅なんですね。もう三十年近く熊平というメーカーの梅干しをゴリ押ししてきました。他の梅干しも食べられますが、お金を出して購入するのは熊平さんのかつお梅という商品。子供はこれ以外の梅干しを、恐らく知らないと思います。

これまでは人に持ち帰ってもらったり、日本に行った時に大量に買ったり、高い送料で送ってもらったりしましたが、そんな贅沢ももうできず・・・。

今回初めてベルギーで見つけた紀州梅ということで、迷った挙句のゲットです。他の梅干しに比べ倍払いましたよ。

Read more

常識と教養を分けてみる

今日も補習校でした。

長男の補習校通いも残すところあと二回というわけなんですが、このところ、毎回学校に近づくにつれてブルーになっていきます。傍目で見てても感じます。先週からは「今日は調子悪い」と自己申告までつく始末。

別に病気だとかいうわけではないです。地元の駅で電車に乗る時は普通にバカな会話をしていました。いつも通りのおバカ父子の姿です。

しかるに、ブリュッセルにつき、地下鉄に乗り、日本人学校最寄駅のエスカレーターを上る直前ぐらいにボソッと「調子悪く」なるんだそうです。

原因はアレだな。

 漢字テスト・・・。

 

本当に漢字はきついですね。頑張って毎回覚えているんですが、書くのに加え、読みですら今週は「毛筆」やら「筆」やら「句読点」やら「七夕」やら・・・。とにかくあまり馴染みのない言葉が並んでいました。面倒ですね。

結局、毎回私が半分ぐらいに絞ってヤマをはり、重点項目だけ完全理解させるしかないんですが、ここで問題が!

Read more

ホームメイド社会科五時限目

昨日、ホームメイド社会科四時限目を開講できました。

参考図書はいつもと同様、次の通りです。

今回は漢字練習シート『社会科(漢字2)』を一枚用意しました。前回、気候の話をした時に、太平洋IMG_3161側・日本海側という言い方をしなければならなかったので、海の名前を避けることができなかったからです。瀬戸内海はまあ読めればいいかなというぐらいですが。

 

昨日はここに、手作り新兵器の追加がありました。厚紙日本列島パズルです。(→)

二人とも、どうでも北海道・本州・四国・九州を覚えてくれないので・・・(涙)。これらの位置関係と正しい向きも視覚的に覚えてもらい、さらに、東京・大阪・京都など主要な都市の幾つかの大まかな位置を覚えてもらおうと思っています。手こずりそうな予感はしますが。

 

Read more

さよなら補習校

本日、遂に補習校へ「退学届」を提出しました。

娘が入学してから五年三ヶ月が過ぎましたが、諸般の事情により、補習校通学は今学期をもって一時中断と相成ります。

 

思い起こせば、娘の一年生は通学に、勉強に、毎週いろいろと悩まされた時期でした。とにかく何もかもが初めてのことで、ついつい宿題を済ませるのにやっきになり、ギスギスした親子関係になっていたと思います。大きくなって恨み言を言われなければいいんですが。

しかし、一体なんだったんでしょうかね。あれは・・・。

長男の場合、娘ほどには手こずりはしていませんが、通学はともかく、やはり毎週の漢字学習にはプレッシャーを感じているようで、テスト中に書けないことに少なからず傷ついている模様。

何をやってんだか、自分。

 

こんなはずではないとは思いつつ、それもこれも、あと二回で終了です。七月からはあっさり自宅学習に切り替えようと思います。

 

Read more

ホームメイド社会科四時限目

本日、ホームメイド社会科四時限目を実施しました。

実のところ、他所のご家庭のお子さんを預かることを承諾した手前、これからは単に私的に子供に何かを聞かせるという軽いノリではできなくなってきたと感じています。ここで子供の反応を見ながら、教材・内容の適否を判断せねばなりません。軽く鬱になってしまいました。

 

さて、本日のテーマは「気候」です。ポイントは、

日本は南北に長いだけでなく、日本列島の真ん中あたりを縦断するように山々が走っていることで、日本海側と太平洋側でも気候が異なり、さまざまな種類の気候が見られることを理解する。

という点に置きたかったんですが・・・。

 

いつものように、用意した参考図書は前回同様次の通りです。

これに、気候区分を色分けさせるため、新たに白地図を一枚用意しました。あとは、いつもの社会科シラバス『国土と気候』です。

Read more

教科書ばかり作っているような・・・

仕事の方が一段落つき、次のステップを踏み出そうとあがいています。

一番重要なのは職場を変えることですが、まあそれはもう少し立たないとなんとも展開が読めないといった状態なので、動かず焦らずといったところです。

これと関連するんですが、数年来電子書籍による日本語教科書作成という作業に没頭しています。没頭といっても英語版を作っているので、作業をしては嫌になり中断、また気を取り直して作業再開という亀の歩みです。

このために、書籍作成用のデータを作ることと並行しながら、オンラインの練習問題を作ったりと、ほとんどIT専門家のようなこともしています。ここでも、しばらく放置すると以前理解していたことを忘れて、また思い出すのに時間がかかったりと、やはり亀の歩みで進行しています。

幸いにも、電子書籍版日本語教科書はほぼ出来上がったといった段階で、あとは練習問題をどういった形で追加するかで悩んでいるところです。デザインの修正に踏ん切りがつかないんです。「やっぱり少しはあった方がいいか、練習問題」といったノリで急遽追加する気になったもので。

二三日中には決断したいです。

 

それ以外に、目下のところ一番精を出しているのは継承語教育のためのテキスト作りです。

Read more

ブログタイトルを変更しようかと思っています。

突然ですが、ブログタイトルを変更しようかと思い立ちました。

現在の「帰ってきた ママと呼ばないで」というのは、かつてのブログ「ママと呼ばないで」から来ています。

そのブログは休止してから既に数年が経ちました。故あって、今年になり、新たにブログを再開しましたが、どちらかといえば内容はベルギーという国での生活に関するものが中心でした。しかし、それでは続けられいないとの思いから、リスタートを宣言したところです。それとともにタイトルは以前のブログの「ママと呼ばないで」を復活、継承させることにしました。

 

現在のところ、ベルギー生活の紹介という要素も多分にありますが、どちらかといばメインテーマは今一番関心のある日本語教育、とりわけダブルの子供たる我が子への日本語教授というものにすっかり置き換わっている感があります。

にもかかわらず、タイトルからはもっと違ったもの、例えば、乳幼児育児を連想させるような印象があります。実際、かつてのブログはそういった内容を扱った、正真正銘のパパによる育児ブログでした。

まず、この点で読者を混乱させるのではないかとの危惧を抱くようになってきました。

 

Read more

1 2 3