Monthly Archives: 2月 2015

ベルギーで読書を! ーその2ー

さて、ベルギーで読書に勤しむための続きです。

 

どこかで借りる

一番コストがかからない方法として、日本人の友人から「借りる」というものがあります。実に家計に優しい読書の姿です。ネットのなかった時代に比べるとましですが、海外在住の日本人は大抵日本語の活字に飢えています。そんなわけですので、結構みなさん蔵書をお持ちのようです。が、しかし、他人様の蔵書を当てにしている限り、読みたい本に巡り会える可能性も低くなります。自分に選択権はないのです。
ただ、もしお子さんを日本人学校に通わせているのであれば、日本人学校の図書館を利用する手もあります。蔵書を見てみるに、結構保護者の要望と趣味が入っているなぁと感じさせるような本が並んでいたりします。人気作家のタイトルがズラーリなんて。ただし、日本人学校に子供を通わせるコストは相当なものです。そのお金で日本行きのエアーチケット一人分が買えるということを御記憶ください。
それに、個人的には読み終わった本はできる限り手元に残しておきたいとの思いもあります。自分にはこの選択肢は、基本的にはなしです。

Read more

ベルギーで読書を! ーその1ー

私は結構本を読みます。子供の頃は必ずしも本好きではなかったんですが、学生時代からロシア文学やフランス文学等の翻訳本をよく読むようになりました。今はほぼ日本の本しか読みませんが。

 

日本の本が恋しい!

 

これ、海外在住日本人の切なる思いじゃないでしょうか。

 

今日は、何とかして日本の本を手に入れようという話題です。いろいろパターンに分けて考えてみました。

Read more

カタカナはcool!

表題の通りです。何故かはよく知りませんが。

私のテニスのコーチ(当然ベルギー人です)は上から下までアシックスで決めてます。ほんと、靴下までアシックスです。きっとおパンツもアシックスなのでしょう。それほど知名度が上がっているということですね。最近はミズノのジョギング・シューズもよく見かけます。

ちなみにコーチのシューズはこのタイプ↓↓・・・。今はこれのオレンジ色を履いています。

 

 

スポンサー契約でも結んでいるんでしょうか。

でも、それだとベルギーの国内ランキングで相当上でないといかんはず。さすがにそれぐらいの人が小学生にオレンジ色のボールで教えている暇などないはずなので、やはり自前なのだと思います。

で、面白いことに、この前着ていたジャージの腕と襟の下ぐらいの背中に文字が書いてありました。20pixぐらいの大きさだったので、遠目からは何と書いてあったのかは分かりませんでしたが、「これ、ひょっとして日本語?」なんて聞かれたので教えてあげました。

Read more

日立はFyraを救えるのか?

今朝の新聞に出ていました。ペラペラの無料新聞なのに。

 

日立がイタリアの鉄道インフラ会社の一部門を買収!

 

へー。何てことのない経済記事です。
ググってみるといろいろと詳しい(?)記事が上がってきますね。オランダ語でもググってみました。

なんか記事のニュアンスが微妙に違っています。

 

日本の記事
鉄道インフラで海外へ打って出る日立の戦略に弾みがつく!!

 

オランダの記事
をいをい。あの問題だらけの車両を提供したイタリアの会社が売れちゃったんだとよ!?

 

Read more

ベルギーでネットショッピング

数週間前に新聞で読んだんですが、ベルギーでもネットでの商取引が爆発的に拡大しているのだそうな。

 

ほうほう。

 

でもベルギーには楽天はおろか、Amazonもないじゃん!
どこでショッピングするの?

 

Amazonに限れば、フランス語を話すベルギー人はAmazon.frを、ドイツ語を話すベルギー人はAmazon.deを、と勝手気儘に国家分裂しているような。

 

待て!多数派のオランダ語を話すベルギー人はどうすんのよ?

 

とここで台本通りの台詞。

 

Read more

Zassenhaus:コーヒーは挽きたてで!

コーヒーが好きなんです。一日に二回のコーヒーブレイクがないとその日を生きた感じがしません。

 

コーヒーを買うときはいつも豆で買います。とりたててベルギーで美味しいコーヒー豆が手に入るとは思いませんが、飲む前に挽くのと、挽いた豆を買ってきて淹れるのとではやはり違いがあります。

 

コーヒーってそもそもそんなに苦いもんじゃないよな。

 

というのが偽らざる気持ちです。柔らかい飲み物なんです。

 

ところで豆を挽くのにはコーヒーミルが要ります。現在うちが使っているのはこれ↓↓です。

 

 

Read more

ブラッドオレンジ

本日は果物屋さんのようなお話。

子供の頃、よく聞かされました。

昔は出回る野菜に季節感があった。

ここでいう「昔」とは、太平洋戦争前後か、少なくとも冷凍保存技術が十分に商業的に成り立つ以前ということでしょう。私の子供の頃でも夏のスイカ、秋の柿ぐらいはありましたが、野菜なんてもう季節に結びついている感覚は失せていました。

その点、ベルギーのスーパーは割とまだ季節感が残っていたりします。

今はブラッドオレンジの最盛期。普通のオレンジだと年中売っています。季節を外れると酸っぱくなるような気もしますが、それでも欲しい時は夏であろうと冬であろうと手に入ります。

でもこのブラッドオレンジだけはまだ時期がはっきりしてますね。日本にもあるのが意外でした。ベルギーで初めて知った果物ですから。

Read more

1 2 3 4