Category Archives: モノ

おっさんの淡い夢

突然ですが、デジカメを新調しました。カメラ買うのは5年ぶりぐらいでしょうか。こう見えても私は結構なカメオタで、育児にまだ余裕があった頃は常にカメラを持ち歩いてスナップを中心に撮影を楽しんでいました。

写真撮影に興じるようになると何気ない日常が全く違って見えるようになります。どんな些細なもの、気にもとめずに流れ去る瞬間の中にもいろんな発見ができるようになります。それが結構楽かったわけですが、残念ながら、子供が増えるとそんな余裕もなくなりました。

 

娘がまだ三歳の頃、古いデジカメを持たせて自由に写真を撮らせたことがあります。不思議な写真をいろいろ撮ってくれました。面白いですね。子供の目線。

今、上の二人はティーンエイジャーになりました。二人とも小学生の間は絵を習わせましたが、絵をやっている人も同じ感覚を持っているようです。何気ないものから何かを発見する心。そんなものを身につけてくれると嬉しいかなあと。そして、自分とは違う環境で育つ彼らがどんな世界をファインダから覗き、切り取ってくるのか見せてくれたらありがたいことです。

Read more

外国人にオススメしたい日本映画

仕事柄、邦画をよく見ます。こちらでもアジア映画というコーナーが量販店のDVDコーナーに設けられるようになり、割と邦画DVDも手に入るようになりましたが、やはり数も少ないですし偏りがあったりもします。というわけで、外国人にも安心してオススメできる日本映画の開拓に日夜励んでいますが、今日はその成果をご披露しようかと。

 

真剣に邦画を見るようになったのは数年前からで、これまで100本近く見ました。多分、それ以前に見た邦画総数を上回っているのではないかと思います。それほど以前は「映画といえばアメリカ映画でしょ」な野郎でしたので。

視聴する映画の見つけ方はネット上によくある映画好きの方のおすすめランキングであり、アマゾンのレビューです。まあ、ありがちな方法ですが、できるだけ効率よく良作を見つけるためということで。

 

これまで見たものは以下の通りです。順位がつけられるような技量はありませんのでランキングはなしです。(個人的なオススメにはリンクを貼っておきます)

Read more

何故だか軽くなった(体重じゃないです)

三男がいきなりの病気でして・・・。「どうかなー」なんて気を揉んでいたところ、やっぱりゲロゲロしました。出る前にしっかり宣言してくれるのが三男のえらいところですが、そんな緊急事態に重宝するのがいわゆる日本で言うところの風呂桶だったりします。

実は、ベルギーにはこういった咄嗟の吐瀉物をキャッチする手頃な「受け皿」がなかったりするので(バケツじゃでかすぎ!)、今回の帰国で買ってきた「ケロリン」が大車輪の活躍ぶり。風呂場ではなくリビングで・・・。なんか使い方が本来のものと違っていますねぇ。

※お食事中の方には失礼いたしました。

それにしてもこのケロリン風呂桶、なかなかノスタルジックでいい味を出してくれます。ケロリンとは頭痛とかに効く鎮痛剤みたいなものだそうですが、服用したことはないですねぇ。どこで売っているのか?まあいいや。

 

さて、今回の帰国は結局二回に分けて、都合三週間の滞在となったわけですが、三年前と比べると非常に荷物が軽かったです。スーツケースは全部で5個、日本ーベルギー間を行き交いましたが、どれも一個23kgという制限は軽くクリア。中には20kgを下回るものもありました。もったいないという気もしたんですが、重さよりもかさの方が膨らんでしまったような感じです。

なんでそうなったのか答えは簡単、

 

  スナック菓子が多かったということです。

 

Read more

緊急帰国です。

身内に不幸があり、というか、ありそうなので、緊急に一時帰国することになりました。

急なことで、いろいろとアレンジ中に戸惑っているところです。海外暮らしをしていると、ややもすると親の死に目に立ち会うこともできなくなる危険があります。親がある程度年齢を重ねたならば、「じゃ、来年ね」などと物事を先送りせず、せっせと帰国するのが一番です。とは言っても、なかなか経済的に簡単ではないんですが・・・。

 

今回の緊急帰国に際して、次男を連れて行くことにしました。まだ日本デビューを果たしていない上、おじいちゃん、おばあちゃんとの生対面も初めてになります。なんとか最後の挨拶ぐらいを交わせればいいんですが。

 

日本のおいしいところを知っている娘と長男は、私&次男の帰国についてしきりに「ずるい!」とほざいていましたが、事情が事情なので渋々納得。その代わりということで(なんでやねん!)、いろいろとお土産をねだられました。

 

Read more

新年度が始まりました。

昨日、長かった夏休みも無事終了しました。毎度毎度のことながら、その日に思うことは・・・、

 

 嗚呼、無事生き延びることができた・・・

 

ですね。やっぱ。

それほどまでにベルギーの夏休み(なんと二ヶ月!)は長い!そして、四人の子どもの面倒を一手に引き受けるのは過酷な労働なのです。ブログだって更新が滞りがちになるってもんです。涙・・・。

仕事が再開するのはイヤですが・・・。でもまあ、過酷な自宅環境とおさらばできるのならば、それはそれでいいかもと思えてしまいます。

Read more

プレ少年棋士の初勝利!

Amazon.deで7月27日にオーダーした将棋の駒が、先日ようやっと日本から到着しました。送料無料ということで、以前もプラレールを注文した同じ神戸のショップだったんですが・・・。(元記事はこちら)到着予定日の最終日が8月27日で、注文から到着まで実に四週間かかったことになります。無事に着いたからいいんですけどね。それより後に注文したプラレール部品より遅いよ。

 

さて、今回注文したのはあの任天堂の将棋駒です。プラスチック製です。こんなもの今でも作ってたんですね、あの任天堂が。

子供は3DSとは全く違うニンテンドーに固まってました。自分的にはこちらの方が本来の任天堂らしい気もしますが、世代の違いでしょうか。まさに任天堂とニンテンドーの違いといったところです。

 

もともと私の将棋の腕はヘボの部類です。投了のときも、「あっ、なんか勝っちゃってる?!」と、打ってから気付いて終わるぐらいです。(笑)

以前はPC用の将棋ゲームにはまったことはありますが、詰め将棋の本を購入して勉強しようにも、そもそも二手三手先を読みながら物事を進めるということができないタイプ。どちらかというと直感とひらめきで生きる根無し草です。さして強くなるはずもなく、がんばって、がんばって、なんとか六級ぐらいで止まっていました。

 

そんなヘボ棋士が、ベルギー在住であるにもかかわらず将棋を家庭に持ち込んだ理由はただ一つ!

 

Read more

残念な達成感

昨日の記事で算数プリント100枚を達成したと書いたところですが・・・。

どうも長男のやつ、「終わった〜」な達成感に一人浸っているようです。

 

いやいや、全然終わってないし。夏休み、あと二週間以上残ってるし。

 

もともと何枚までやるかとか決めてはいませんでした。枚数さえ数えていませんでしたし。こなしたプリントの束がある程度厚くなった時に数えてみて、どうせならキリの良い数字までという手前勝手な理由で焚きつけただけです。(^^)

 

あと二週間をDS三昧で流すわけにもいかず・・・。さてどうしたものか?

 

こういうときはあれです。ニンジンをぶら下げる。

今回のニンジンはこちらです。(↓)

 

Read more

1 2 3