海外からアマゾン・プライム

アマゾン・プライム導入

現在、日本のアマゾン・プライムを契約しています。子供と一緒に日本を楽しむにはいい道具だと思っています。一年半ほどの浅い使用歴ですが、どうでしょう。収支はトントンといったところでしょうか。

以前は邦画タイトル(主に邦画しか見ないので。ちなみに大体こんなもん見ましたw)のラインナップに不満があったので契約しませんでした。今も自分は年に5、6本の映画と数シリーズのアニメかテレビ番組ぐらいしか見ません(最近見たのは『鬼滅の刃』と『京都寺町三条のホームズ』で、映画なら『羅生門』『火天の城』ぐらいですか)。仕事柄、話題のアニメぐらいは知っておかないとという程度の緩い使い方ですw。

しかし子供には結構自由に見させています。元を取るためにw。ドラえもんの映画(今、一挙無料公開中なんですよ)やアニメ番組、仮面ライダーやウルトラマン・シリーズもよく見ていました。個人的にはNHKのオンデマンドを契約したいんですが、まあそのうちにw。

とにかく、Prime Videoは親子で日本を楽しむための必携アイテムではないかと思います。見放題の映画・TV番組に話題の作品が充実してきました

では、アマゾン・プライムでどうやって邦画や日本の番組を見るのかですが、基本的には海外からは見られないようになっています。見るためにはちょっと工夫が必要です。この手の記事は結構技術的な話が盛り込まれがちなので、できるだけシンプルに我が家の対応をご紹介してみようと思います。

VPNを使う

アマゾンはデジタル商品・サービスについては日本の国内からのアクセスしか受け付けません。アマゾン・プライムはPrime Reading(読み放題のKindle本)とPrime Video(見放題の映画・テレビ番組)とPrime Music(聞き放題の音楽)の三つのデジタル・サービスからなりますが、いずれも、原則海外からは購入・視聴ができません。しかし日本にあるサーバーを経由し、日本からアクセスしていると思わせることで視聴することができます。簡単に言うとその仕組みがVPNというものです(より詳しくはこちらのサイトをご覧ください)。

Read more

ゆるりと継承語

日本語を家庭に持ち込む

このサイトを通じ、これまでいろいろなことを述べてきましたが、自分が我が家に日本語を持ち込んだのは突き詰めれば自分自身のためだったと思っています。もちろん、男親の名前が自動的に子供に受け継がれる社会なので(しかも現地語でありえない発音の名字・・・涙)、将来、就職などの書類審査において差別されるかもしれないことを前提に(それが普通に起こることは各種研究から指摘されています)、履歴書に「日系です。日本語できます」をアピールするという理由もあるにはありました。

しかしそれでも、そんな問題は沖合にぼんやり揺れる蜃気楼のようなもので、やはり目の前にはっきりと見えていたのは自分自身が改めて日本と関わることの楽しみでした。遠く祖国を離れ、世知辛い現地社会で我が身の語学力の低さにコンプレックスを抱き、対人関係で肩身の狭い思いをしているなら(はい、全部自分自身のことねw)、堂々と祖国を懐かしめばいいと思います。それを恥じる必要はないし、鼻の穴を膨らませて「子供のため!」と言う必要もないかと思っています。むしろ、「こんな自分のために漢字の勉強をしてくれてありがとう」ぐらい言わないといけないのかもしれません。

 

いろいろやってきましたw

では、これまで自分はどんなことをしてきたか。ちょっと思いつくままに書き留めてみましょう。その変遷はネット環境の発展と並行して進化(?)してきました。

Read more

私的コロナ対応策

恥ずかしながら、随分とまた久しぶりの投稿になります。ゆえあって、改めて心機一転がんばろうかと思いますので、引き続きご贔屓に願います。

さて、世の中はコロナ禍で随分と様変わりしたように思います。我が職場環境もご多分にもれず激変に明け暮れた数ヶ月でした。とにかく、何もかも全部リモートへ移行しましたからw。今や完全に引きこもりワーカーと化しています。

で、リモートということは全部がデジタル化したということと同義であって、それで仕事が楽になったかといえば真逆でした。紙とボールペンでちょちょいのちょいとやっていた軽作業がデジタルでえっちらおっちら処理しなければならなくなり、9年前のパソコンでは処理能力を超えてしまったのでした。

なんというか、ビーチパラソルがしょっちゅうクルクル回る次第でして・・・。効率低下が著しかったです(涙)。

デジタル化、リモート化はそれなりの環境があってスムーズに進められるのだということを痛感させられました。

Read more

対補習校離脱組日本語能力試験対策講座始動(涙)

日本語能力試験というものがあります。日本語を勉強している外国人の日本語能力を測るための試験と考えていいんですが(発話試験がないのが問題とされていますが)、個人的には日系国際児にはあまり関係のない能力試験ではないかと思っています。

ただ、それでもN2(上から二番目のレベル)に合格すると、日本に留学や就職する際に何かと便宜を得られるので、一つの能力証明書として取っておいて損はない試験ではあると思います。

日本では毎年二回、七月と十二月に開催されますが(今年は7月7日と12月1日)、ベルギーだと年一回実施ということのようです(2019年度は12月にゲントで実施)。ただ、周辺国の日程を考慮すると、一年に二回の受験が可能ではあります。

 

娘はもう中学生ということで十二月初旬の時期は期末試験で忙しく、とてもこの試験のために勉強などできません。ということで学年末試験が終わり、夏休みに突入したばかりの七月初旬の方を照準に合わせる必要があります。その場合でもやはり日本語を勉強する時間的余裕は限られているのではありますが・・・。

以上のような現地校の勉強との兼ね合いを考えると、我が家で受験を目指せるのは七月のオランダはライデンということになります。直前になって焦らないためにも準備を早めに開始することにしました。娘は忙しい時期を避けるため、長男は必要な語彙や漢字を増やしておくためです。

先日、二人の日本語が現在どれぐらいのレベルにあるのかをチェックしてみました。例の問題集を使って。

 

Read more

おっさんの淡い夢

突然ですが、デジカメを新調しました。カメラ買うのは5年ぶりぐらいでしょうか。こう見えても私は結構なカメオタで、育児にまだ余裕があった頃は常にカメラを持ち歩いてスナップを中心に撮影を楽しんでいました。

写真撮影に興じるようになると何気ない日常が全く違って見えるようになります。どんな些細なもの、気にもとめずに流れ去る瞬間の中にもいろんな発見ができるようになります。それが結構楽かったわけですが、残念ながら、子供が増えるとそんな余裕もなくなりました。

 

娘がまだ三歳の頃、古いデジカメを持たせて自由に写真を撮らせたことがあります。不思議な写真をいろいろ撮ってくれました。面白いですね。子供の目線。

今、上の二人はティーンエイジャーになりました。二人とも小学生の間は絵を習わせましたが、絵をやっている人も同じ感覚を持っているようです。何気ないものから何かを発見する心。そんなものを身につけてくれると嬉しいかなあと。そして、自分とは違う環境で育つ彼らがどんな世界をファインダから覗き、切り取ってくるのか見せてくれたらありがたいことです。

Read more

外国人にオススメしたい日本映画

仕事柄、邦画をよく見ます。こちらでもアジア映画というコーナーが量販店のDVDコーナーに設けられるようになり、割と邦画DVDも手に入るようになりましたが、やはり数も少ないですし偏りがあったりもします。というわけで、外国人にも安心してオススメできる日本映画の開拓に日夜励んでいますが、今日はその成果をご披露しようかと。

 

真剣に邦画を見るようになったのは数年前からで、これまで100本近く見ました。多分、それ以前に見た邦画総数を上回っているのではないかと思います。それほど以前は「映画といえばアメリカ映画でしょ」な野郎でしたので。

視聴する映画の見つけ方はネット上によくある映画好きの方のおすすめランキングであり、アマゾンのレビューです。まあ、ありがちな方法ですが、できるだけ効率よく良作を見つけるためということで。

 

これまで見たものは以下の通りです。順位がつけられるような技量はありませんのでランキングはなしです。(個人的なオススメにはリンクを貼っておきます)

Read more

何故だか軽くなった(体重じゃないです)

三男がいきなりの病気でして・・・。「どうかなー」なんて気を揉んでいたところ、やっぱりゲロゲロしました。出る前にしっかり宣言してくれるのが三男のえらいところですが、そんな緊急事態に重宝するのがいわゆる日本で言うところの風呂桶だったりします。

実は、ベルギーにはこういった咄嗟の吐瀉物をキャッチする手頃な「受け皿」がなかったりするので(バケツじゃでかすぎ!)、今回の帰国で買ってきた「ケロリン」が大車輪の活躍ぶり。風呂場ではなくリビングで・・・。なんか使い方が本来のものと違っていますねぇ。

※お食事中の方には失礼いたしました。

それにしてもこのケロリン風呂桶、なかなかノスタルジックでいい味を出してくれます。ケロリンとは頭痛とかに効く鎮痛剤みたいなものだそうですが、服用したことはないですねぇ。どこで売っているのか?まあいいや。

 

さて、今回の帰国は結局二回に分けて、都合三週間の滞在となったわけですが、三年前と比べると非常に荷物が軽かったです。スーツケースは全部で5個、日本ーベルギー間を行き交いましたが、どれも一個23kgという制限は軽くクリア。中には20kgを下回るものもありました。もったいないという気もしたんですが、重さよりもかさの方が膨らんでしまったような感じです。

なんでそうなったのか答えは簡単、

 

  スナック菓子が多かったということです。

 

Read more

1 2 3 4