海外からアマゾン・プライム

アマゾン・プライム導入

現在、日本のアマゾン・プライムを契約しています。子供と一緒に日本を楽しむにはいい道具だと思っています。一年半ほどの浅い使用歴ですが、どうでしょう。収支はトントンといったところでしょうか。

以前は邦画タイトル(主に邦画しか見ないので。ちなみに大体こんなもん見ましたw)のラインナップに不満があったので契約しませんでした。今も自分は年に5、6本の映画と数シリーズのアニメかテレビ番組ぐらいしか見ません(最近見たのは『鬼滅の刃』と『京都寺町三条のホームズ』で、映画なら『羅生門』『火天の城』ぐらいですか)。仕事柄、話題のアニメぐらいは知っておかないとという程度の緩い使い方ですw。

しかし子供には結構自由に見させています。元を取るためにw。ドラえもんの映画(今、一挙無料公開中なんですよ)やアニメ番組、仮面ライダーやウルトラマン・シリーズもよく見ていました。個人的にはNHKのオンデマンドを契約したいんですが、まあそのうちにw。

とにかく、Prime Videoは親子で日本を楽しむための必携アイテムではないかと思います。見放題の映画・TV番組に話題の作品が充実してきました

では、アマゾン・プライムでどうやって邦画や日本の番組を見るのかですが、基本的には海外からは見られないようになっています。見るためにはちょっと工夫が必要です。この手の記事は結構技術的な話が盛り込まれがちなので、できるだけシンプルに我が家の対応をご紹介してみようと思います。

VPNを使う

アマゾンはデジタル商品・サービスについては日本の国内からのアクセスしか受け付けません。アマゾン・プライムはPrime Reading(読み放題のKindle本)とPrime Video(見放題の映画・テレビ番組)とPrime Music(聞き放題の音楽)の三つのデジタル・サービスからなりますが、いずれも、原則海外からは購入・視聴ができません。しかし日本にあるサーバーを経由し、日本からアクセスしていると思わせることで視聴することができます。簡単に言うとその仕組みがVPNというものです(より詳しくはこちらのサイトをご覧ください)。

Read more

日本語への接近

いきなりですが、第一子をワンオペで育児していたおっさんの心の拠り所は「手抜きぐらいがちょうどいい」という格言(妄言?)でしたw。

 

今も世界のどこかで完璧な育児を目指そうと頑張っておられる方がいるかと思うんですが、どんなに頑張ってもその頑張りは二人目、三人目となれば減退してゆくものです。それでも子供はなんだか育ちましてw。

教育についてもまた然り!

 

ええ、三人目、四人目は日本語継承なんてな〜んにもしませんでしたw。

 

一応、三人目である次男には補修校断念と引き換えに、自宅学習でひらがなは覚えさせましたが、それだけ。日本語の読み・書きのハードルは高すぎますし、かつベルギー社会でそれが即役に立つものでもないことからリソース割く気も起こりませんね(現在進行形!)。将来、「ひらがなはわかります(キリッ)」なんてドヤ顔させるのもみっともないので(お父さん日本人なのにw)、いっそのことそれも忘れてもええよ・・・みたいな。

 

ということで、第三の男たちには日本語を継承させるという意思もない父でしたが、一方で子供がこちらの話す日本語の指示がわからないというのも都合が悪いなぁとは思っていました。

 

父「台所から○○持ってきて!」「靴下はいて!」「鞄に○○入れた?」

子供(固まったまま)「???」

 

Read more

私的コロナ対応策

恥ずかしながら、随分とまた久しぶりの投稿になります。ゆえあって、改めて心機一転がんばろうかと思いますので、引き続きご贔屓に願います。

さて、世の中はコロナ禍で随分と様変わりしたように思います。我が職場環境もご多分にもれず激変に明け暮れた数ヶ月でした。とにかく、何もかも全部リモートへ移行しましたからw。今や完全に引きこもりワーカーと化しています。

で、リモートということは全部がデジタル化したということと同義であって、それで仕事が楽になったかといえば真逆でした。紙とボールペンでちょちょいのちょいとやっていた軽作業がデジタルでえっちらおっちら処理しなければならなくなり、9年前のパソコンでは処理能力を超えてしまったのでした。

なんというか、ビーチパラソルがしょっちゅうクルクル回る次第でして・・・。効率低下が著しかったです(涙)。

デジタル化、リモート化はそれなりの環境があってスムーズに進められるのだということを痛感させられました。

Read more

親の安息

先日は娘の14回目の誕生日でした。誕生日プレゼントは十日後の長男へのプレゼント+クリスマス・プレゼントとセットで任天堂Switch(スプラトゥーン2込み)を渡してあるので、その日は何も贈呈するものがありませんでしたw。小学生時代のように友達が泊まりがけで遊びに来ることもなく、週末だというのに実に静かな日でした。いや、平常通りの騒がしさといったところでしょうかww。

 

そんな娘にとっては特別な日ですが、キッズ・テニス大会のサポートを所属するクラブの方から依頼されたので、あまり乗り気でない娘を強引に送り出しました。乗り気でない理由は何のことはない。「知らない人と交わるのが嫌」です。知らないといっても所属クラブ主催の行事なので、みんなとどこかで接点があったはず。全然知らない輪というわけではありません。ちょうど14歳になったことでもあり、人との新しい出会い、他者からの依頼に対する貢献、顔を覚えてもらうことの重要さも分からせるつもりで大会会場へと向かわせました。

Read more

第四言語としての日本語。その傍にある継承日本語。

ちょっと間隔が空いてしまいました。継承日本語に関していろいろぐだぐだと書いてきましたが、そろそろネタ切れかな・・・という感じが辛いですw。

本日は若干継承語の問題とはポイントがずれますが、ベルギーの外国語教育システムの中で日本語、さらには継承日本語のポジションを考えてみたいと思います。

 

私が夏休みの間、補習校に子供を通わせていない日本人の親御さんたちから色々と話を聞かせてもらい、深く考えさせられたことがあります。ズバリ、現地教育システムの中での日本語の位置付けです。

Taalgebieden_in_Belgie.svg
ベルギーは連邦国家なので、教育政策はオランダ語地域(左図緑の地域)・フランス語地域(左図青の地域)・ドイツ語地域(左図黄色の地域)のそれぞれが個別に実施します。また、ブリュッセルは蘭仏二言語地域(左図ボンダイブルーの地域)として、オランダ語系の学校・フランス語系の学校が混在する、ちょっと独特な地域となっています。あと、言語境界線に隣接している一部地域も同じです。ま、教育政策の基本ラインはあまり変わりないようになっていますが。

Read more

フランス語をどうするか?(長男の事例)

新学年が始まり、なんだか長男がどんよりしてます。ここのところ、ベルギーは割と好天続きなんですけどねぇw。

もともと、あまりシャキッとしたところのないヤツではありますが、最近は朝になると「学校行きたくない。ブツブツ・・・」です。

 

  はぁ〜。

 

新しい担任になって、なかなか調子が合わないというか・・・。長男の性格にも扱いにくいところが出てきたようではあるんですが・・・。

とりあえずは、算数が得意な長男には現地校の算数のレベルが低すぎ、その辺にもストレスを感じているようです。で、新しく始まったフランス語にもいまいちのってこない・・・。自分が得意の算数を楽しめない一方で、両親のどちらかがフランス語話者という家庭の子が、クラスの中でハイレベルなフランス語を話す。それがつまらないんでしょうかね。いじけてるんでしょうかね。

Read more

ベルギーの中学生生活 それでも格差は生まれるようで

突然ですが、娘が身を置くベルギーの中等教育制度について軽く触れておこうかと思います。細かいことを書いても混乱を招くだけだと思いますので、日本の教育制度との違いを軸に個人的に気付いたことをお話ししてみます。

 

日本のいわゆる中等教育(小学校卒業後から大学入学まで)制度とベルギーのそれとの一番の違いとしては、義務教育年齢が18歳までである点が挙げられます。日本より三年長いというわけです。

そしてそのことと関連して、中等教育は義務として六年間設けられており、日本で言うところの中高一貫教育という形を取っています。つまるところ、高校入試はないということです。もちろん、中学入試もありません。どこの中学に入れるかは自治体によって方法が違いますが、我が家のある町ではコンピューターによるくじ引きでした。これについては詳細は以前の記事にあります。

また、義務教育終了後、大学に進学したい場合も大学入試というものはありません。中学・高校時代の成績と修了したコースに照らし合わせ、入学要件をクリアしていれば基本的に自由に入学先を選べます。

 

Read more

1 2 3 9