Category Archives: ベルギービール

ちょっと文学的ベルギービール考:Hoegaarden

少しはビールについても書こうかと思います。

もう四半世紀ほども前の話ですが、初めてベルギーに来て白や赤のビールに目を丸くし、サクランボでできたビールを前にちょっと引いたりもしました。それぞれのビールごとに形の違ったグラスが用意されているなんて、集め出したらきっと恐ろしいことになるので、できるだけ考えないようにしていたんですが・・・。

マメな日本人の同僚はビールのラベルをコレクションしていて、その彼からラベルを綺麗に剥がす方法についての薀蓄を聞かされるというテロ行為までも受けました。

ビールに何の思い入れもない、そんなおっさんがベルギービールを語る。迷惑な企画ですが、何の思い入れもないがゆえに、飲んだまま、感じたままを無責任に書いてみたいと思います。使えるのは舌と手とオツムのみ!

それに、なんだかんだといっても400種類ほどあるそうなので、毎日一本ずつ記事にしても一年以上ネタに困らないという打算もあります。

しかし・・・、どんなビールから始めればいいのでしょう?

なんにも分からないので、日本のベルギービールショップで見つけた詰め合わせセットを実飲してみることにします。こういうセットというのは気が利いていますね。とりあえずなんにも分からない・・・という場合は安心です。ビールの味に関する説明文は理解できませんが。

Read more

マースピルス:黄金色に輝く普通の一本

今日からビールについても話します。といっても、あまりビールに詳しくないです。普通に飲んだまんまを書こうかと思います。

IMG_2939

最初はマースピルスという一本。自分の知る中では一番普通のビールです。なんというか、日本のサッポロビールのような位置付け。ちょっと地味なんですね。存在感が。ご覧の通り、瓶の腹の部分にはラベルがありません。昔はあったんですが、どうしちゃったんでしょう。ラベルコレクターが泣きそう。

でも、味の方はピルスナーとしてはそこそこ高評価のようです。素直な味のビール。これなら餃子と一緒にでも飲める。しかし、それゆえに日本では売っていないみたいです。

ベルギーでピルスナーを味わいたいということでしたら、この一本はとりあえず入れておいて下さい。